【K2仕事図鑑】映像で、物語る。シネマティックアーティストの仕事について

こんにちは!株式会社ケーツー社長秘書のタカダです。

株式会社ケーツーの職種について、スタッフの取材を基にご紹介いたします。

K2仕事図鑑【シネマティックアーティストアーティスト】編です!

各ゲーム会社によって仕事内容や求める人物像も変わってくるので、フォトリアル系アクションゲーム開発が得意なスタジオの場合としてご参考になれば嬉しいです。

 

【K2仕事図鑑】他の職種についてはこちら▼

 


 

シネマティックアーティストとは

ゲーム中で流れる『カットシーン』や『イベントシーン』と呼ばれる映像を制作するお仕事です!

ゲームの世界観や状況、キャラクターの性格や心情などを映像演出を通して伝えています。

また、カメラワークやキャラクターの演技など、映像ならではの表現を用いてユーザーに没入感や感動を与える重要な役割を担っています。

 


 

仕事内容について

仕事内容

 
■コンシューマーゲームにおける映像演出に関する業務

・ゲームエンジンに実装する3DCGムービー演出のデータ制作業務

・ゲーム制作に関わるビジュアルデザイン業務全般 
 

 

ワークフロー

 
①コンテ作成
絵コンテや動画コンテ・プリビズ等でキャラクターの演技やカメラワークの計画・設計
  
②モーション作成
演出に特化したリアルで違和感のない動きを作成

③カメラワーク・編集作業
アングルや画角を設定、映画のようなシーンを作成
カメラワークを付けた映像の抑揚やショットのつなぎを調整

④ライティング・ポストエフェクト
光と影を用いて演出力を高め、被写界深度やモーションブラーなど画面効果の調整

⑤各担当へ作業移行
VFXやサウンド、ゲームプログラマーのカットシーン担当に引き継ぐ
 

以上が、ケーツーのシネマティックアーティストの大まかな仕事内容・業務の流れになります!

使用ツールは、MAYA・MOTIONBUILDER・AfterEffects・Premiereの4種類で、これらを状況に応じて使い分けながらカットシーンを作っていきます。

また、プロジェクトにもよりますが、ケーツーでは1人で上記の作業を担当することが多いです。
なので、絵コンテを元にモーションからポストエフェクトまですべてを行うこともあります!

  


 

K2のシネマティックアーティストに求める人物像

 

映像制作をやりたい!
映像を作成する仕事なので、映画やアニメなどの映像作品に興味があること。また、好きなだけで無く自分で作ってみたいと思っている方!

責任感が強い
ケーツーでは1人でカットシーンを作成することもあるため、一度決めたことや作りかけた物は最後までやり遂げようとする責任感があることが重要になります。

自主性がある
人から指示を受けるだけで無く、自分で目的をもって頑張っていける強い意志を持った方。AAAタイトルの開発にも参加するので、世界に通用する作品づくりのためにこだわりを持って制作できる人と一緒に働きたいです!

熱意と根気強さに自信がある
カットシーン制作では、細かい部分を何回も修正したり、長期間にわたってひとつのイベントを作り続けたりすることがあります。そのような状況でも、自分なりの工夫やこだわり、根気をもって作品作りを楽しめるという方を求めています。

 


 

仕事のやりがい

 

2021年入社<br>スタッフ
2021年入社
スタッフ

担当した部分が会心の出来に仕上がった時です!

いただいた指示に従いながら制作を進めるわけですが、何から何まですべて指定されるわけではありません。

こちらの裁量にゆだねていただける部分が少なからずあるので、自分なりのこだわりを持って制作していくことができます。

そうして作ったものが納得のいくクオリティに達して、実際にゲームに登場することになった時には、心から「やった!」という気持ちになります。

 

2021年入社<br>スタッフ
2021年入社
スタッフ

こだわりを持って作成したイベントがゲームで登場したとき

ケーツーでは作業の範囲が広く、多くの場合大部分を1人で担当することになるので、ひとつのシーンを完成まで持っていくことが大変です。

だからこそ、最初から最後までこだわりを持って作成したイベントが完成して、実際にゲームで登場したときの達成感はとても大きいです!

大変ではありますが、それに見合ったやりがいのある仕事だと思っています。

 


  

以上、今回はK2の【シネマティックアーティスト】職についてのご紹介でした。

ケーツーではAAAタイトルに携わることが多く、ひとつのシーンを1人で担当することもあるので、責任重大な仕事ではありますが、その分完成の喜びも大きくやりがいのあるお仕事なんですね!

皆さんも好きなゲームで流れるこだわりの詰まったカットシーンにぜひ注目してみてください~!

次回もケーツーの仕事についてご紹介いたします。次回で最終回!見て頂けると嬉しいです!

 

この記事を書いた人

タカダ

株式会社K2社長秘書

大阪のゲーム開発会社 株式会社ケーツーの社長秘書。
2022年に株式会社ケーツーに合流し、初めてのゲーム業界で奮闘中。
ゲーム開発というお仕事の魅力を伝えるため日々頑張っています!

タイトルとURLをコピーしました